ボトックスエラの詳細を調べる【効果は半永久的】

  1. ホーム
  2. 効果を感じるための知識

効果を感じるための知識

医者

手軽で利用しやすい

顔が大きく見える要因はエラです。そのため、エラを削る方法を想像する人が多いですが、最近は他にも方法があります。それは、ボトックスを利用する方法です。ボトックスエラであれば注射をするだけなので、簡単に施術が可能です。基礎的な部分として知っておくべきことなのは、ボトックスというのは筋肉収縮を弱める働きがあるということです。そしてエラというのは筋肉がとても発達している部分なので、ボトックスエラは効果が特に得やすいのです。昔のようにエラを削る方法を行うとメスを利用するので、どうしてもダウンタイムが必要になってきますが、注射一本で済みますので腫れや赤くなるなどの症状は皆無です。ただ、継続的なケアが必要となってくるのでその点はよく納得した上で利用するようにしてください。また、ポイントとしては施術を受けた当日は腫れやすくなるので、血流を促進することは避けてください。具体的な例としては入浴です。シャワーなどの軽いものでしたらほとんど腫れの症状は現れませんが、ゆっくりと入浴するなどは当日はやめる方が安心です。それ以外では何か気をつけることや難しいことなどはあまりないので、利用のしやすさや手軽さから多くの人から人気となっています。顔の大きさというのは女性にとっては非常に重要な部分になります。しかし、どれだけやせたとしても小顔になるというのは容易なことではありません。なぜなら、顔が大きく見える人はエラが原因ということがほとんどだからです。そのため、ボトックスエラを筋肉に注射することによって、エラの張りを目立たなくさせます。そうすることによって、筋肉が萎縮していき、エラの張りが目立たなくなり、必然的に小顔を手に入れることができます。また、ボトックスエラの特徴としては1回目の注射よりも2回目の注射の方がより効果を得られる傾向にあることです。この注射は半永久的に効果が継続するものではないので、3ヶ月から半年の間に再度注射を打つ必要があります。その際に、1回目ではあまり効果を得られなかったとしても2回、3回と行っていくうちに効果が見えてきます。理由としては筋肉の収縮力を弱めるにはそれ相応の時間が必要だからです。メスを入れてエラを削るわけではないので、効果は緩やかだと考えるようにしてください。また、効果の出やすい人の特徴としてはエラの筋肉が発達している人の方が効果が出やすいです。頬がふっくらしている人の場合はあまり効果を得ることができないので、違う施術方法を相談するようにしてください。